大福ウマウマ

ブログ名は思念透視で誰かの発言をパクってきたものだとは言えない

【ハースストーン】 2017年12月の新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」をプリースト目線で事前評価してみる…ウォーロック編

悪魔シナジーのカードを盗んでも旨味はないです

 

 

評価基準 

相手が使ってきた場合」

〇…容易に対処可能

△…マズくはないが出されるとちょっとマズい

×…出されると詰む可能性有

 

パクったり、発見で見つけた場合」

◎…プリとシナジー抜群のカード 

○…利用価値はそれなりにある有能なカード

△…手札や場にあっても旨味があまりないカード

×…「こんなんいらん」と奪いたくない、プリからしたら産廃カード

 

 

 

 

f:id:yusei77:20171201034745p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…×産廃

ドゥームガードやマルガニスなんかが飛び出してくるときつい。

放置しているとどんどん悪魔が出てきて、後々DKグルダンで復活させられる展開になる。

装備された返しのターンで破壊できれば、武器効果で悪魔が出てくることは一切ないため、そういう意味でもウーズ等を入れてるなら早めに破壊したいところ。

パクった場合、ついでに悪魔もパクらないと効果が発揮できないため手札で腐る可能性が高い。

なので無駄に装備せず、思わせぶりに手札内でツンツンして、相手に「あの手札は一体…」と心理戦を仕掛けよう。というかそれぐらいしか使い道がありません。

 

 

f:id:yusei77:20171201034803p:plain

相手が使ってきた場合…(対処可能)

パクったり、発見できた場合…(旨味はあまりない)

断末魔効果のため、沈黙さえかけられれば安心。

沈黙をかけれないまま破壊するとデッキ破壊されるかもしれないことは注意。

プリーストはコントロール戦向きなため、ちんたらしているとデッキ破壊される可能性は十分あり得る。

 パクった場合、こちらからデッキ破壊までいくことはほとんどないだろう(ウォロのヒロパがドローでそもそもデッキは勝手に減っててるため)

 

 

f:id:yusei77:20171201034822p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有)

ガード力がかなり高めのミニオン。攻撃力が低いので断末魔で出るミニオン共々密言系で取れるのはありがたいと見るべきか。

効果を使われるとDKグルダンで復活させられた時にかなりきつくなる。

効果が強いため、縮小ポーション+狂気ポーションorカバルの影の僧侶+密言・凶なんかで無理くりこちらのミニオンとしてパクるのも全然あり。

9コスとかなり重いため精神支配の対象にできれば相手から「お前の魂に苦痛あれ!」と多分怒りのエモートが飛んでくる。 

 

 

f:id:yusei77:20171201034846p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(旨味はあまりない)

クエウォロが4ターン目にこれを綺麗に決めると脅威。そうじゃなくても全体除去はかなり強い。このコストで全体除去された後にヒロパで1ドローされるのはちょっとしんどい。

最悪DKグルダン後にヒロパで顔面を叩きつつ、盤面はこれで解決させたら「マジか…」となる。

どんなデッキにでも入るわけじゃないが、クエウォロなら入っててもおかしくないと思っておくこと。

パクった場合、本当の最終手段として終盤まで手札を温めることになりそう。

ヨグ=サロンなんかで発動されると頭を抱えることになる。

 

 

f:id:yusei77:20171201034911p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有)

アップグレードされるとダメージ数が5、7と増えていく。

今回の拡張でアップグレード条件を満たす低コスミニオンが複数いるため、ZOO系のデッキならシャドウボルトのかわりに入ったりしそう。

ビタータイド・ヒドラなんかの効果でもアップグレードされたら結構厄介なことになりそう

プリーストは自傷系カードがないため、パクってもアップグレードするのは難しいのが少し残念。

 

 

f:id:yusei77:20171201034929p:plain

相手が使ってきた場合…(対処可能)

パクったり、発見できた場合…×産廃

狂気ポーション一枚で解決。できなかったらヤバいかもしれない。

パクっても産廃なのは言うまでもない。デッキにも悪魔はいないです…。

 

 

f:id:yusei77:20171201034954p:plain

相手が使ってきた場合…(対処可能)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有)

コスト、スタッツ共に優秀だが、プリからすればカモでもあるスタッツ。

狂ポなり密言・痛なりでいくらでも対処は可能。

パクった場合の自傷ダメージでヒロパ等で回復すればいいだけなので、プリとの相性はそれなりに良い。

 

 

f:id:yusei77:20171201035040p:plain

相手が使ってきた場合…(対処可能)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有)

卑俗なホムンクルスと同様の対処でokなカード。

こちらはドローできる分、デッキによってはキーカードを引く確率も上がってありがたく感じるかもしれない。

プリからすると容易に対象可能なカードではあるが、ウォロからすると1ターン目からデッキを加速させられる優秀なカードでもあるため、目にする機会は意外とあるかもしれない。

 

 

f:id:yusei77:20171206004029p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(微妙)

1コス8点回復&断末魔持ちに使われると厄介ではあるが、パクれた場合も同様に使えるため使い道は程々にある。

体力消費の激しいウォロで8点回復は非常に大きいため、リーサルが遠のくのは注意。

ミートワゴン等と一緒に使われて中盤でキーカードのミニオン等を引っ張られる可能性もある。

使い道が色々あるコンボ性の高い1枚。

パクれた場合も同様に使えるとは言ったが、プリーストは回復手段に長けているため、顔面回復してもありがたみがあるかは微妙なところである。

 

 

f:id:yusei77:20171206004608p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(旨味はあまりない)

そのまま出てきてもプリにとっては面倒なスタッツだが、効果が発動すると今度かなり強くなるというどちらにせよ厄介なカード。

悪魔のため、DKグルダンで蘇生されるのもきつい。

中途半端に攻めて相手の体力を15付近にするのを控えるべきか考えさせてくれるミニオン。こちらにスタッツの低いミニオンしかいないならあえて攻撃をしない選択肢も今後出てくるかもしれない。

パクれた場合、相手がズーでもないとプリーストは体力を15以下まで減っているかどうか微妙なため、効果が発動できたらラッキーぐらいの考えでいこう。