きりちゃんの炉端休憩所

投稿したHS動画の動画完成に至るまでの過程とか上げていく予定です

【ハースストーン】 2017年12月の新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」をプリースト目線で事前評価してみる…メイジ編

エレメンタル推しやヤバそうなカードもちょくちょくある感じ。

 

 

評価基準 

相手が使ってきた場合」

〇…容易に対処可能

△…マズくはないが出されるとちょっとマズい

×…出されると詰む可能性有

 

パクったり、発見で見つけた場合」

◎…プリとシナジー抜群のカード 

○…利用価値はそれなりにある有能なカード

△…手札や場にあっても旨味があまりないカード

×…「こんなんいらん」と奪いたくない、プリからしたら産廃カード

 

 

 

f:id:yusei77:20171201031153p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(旨味があるかは微妙なところ)

使用されるとターン終了時の3ドローは確定されているため、その後のターンにどう対応すべきかを考えなければならないカード。

相手の手札が多かったり、デッキ枚数が少ないようならあえて破壊せずに放置し、アルネス効果でドローカードを燃やしたり、デッキ切れでの自滅を狙っていくプランにしていこう。

 相手の手札消費が激しかったり、低コスを連打するデッキならウーズ等で破壊を狙っていきたい。

 何にせよ使われる状況次第で対応の仕方が変わるカード。

実用的ではないコンボだけど、このカードの効果を複数回使われた後で、相手にキング・トグワグル+カバールの下っ端+呪文相殺なんかのコンボを決められるとかなりエグくなるため一応注意。

パクった場合、ハイランダープリならDKやラザ等、ドローカードでキーカードを引きにいくデッキなら割と使い道があるかもしれない。

 

 

f:id:yusei77:20171201192634p:plain

相手が使ってきた場合…×(詰む可能性有)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有)

DKアンドゥインを切った後で出されると非情にマズい。

ドラポでは対処できず、心霊絶叫でも一時的な解決にしかならない。

メイジならどのデッキでもフィニッシャーとなり得るパワーを秘めたカード。

今後はこのカードがあるないに関わらず、相手がコスト5以上の呪文を何回使ったかも憶えておく必要が出てきた。

デッキにドブネズミを入れている場合、釣れたらかなり美味しいことになる。

パクれた場合はドラポや心霊絶叫等の重い呪文を切った後で使いたいところ。

カバールの飛脚からの発見で見かけることもあるため、自分のデッキに高コスト呪文がどれぐらいあるかはきちんと覚えておこう。

 

 

f:id:yusei77:20171201031257p:plain

相手が使ってきた場合…(悪いことが起きないよう祈る)

パクったり、発見できた場合…(楽しそう)

呪文版ヨグ=サロン。

使われる呪文、クラスが全くのランダムなため引くまで何が起きるかわからない。

構築に入るようなカードではないが、運ゲー的な面白さを求めているなら間違いなく使いたくなるカード。

こればかりはもし使われても対策しようがないので悪いことが起きないようお祈りしよう。

あ、もしメイジで使うならレジェ武器のアルネスと一緒に使うと楽しいことになりそう。

 パクった場合も同様で使うべきかどうかはよく考えること。

不利な状況ならこれで運ゲーをしたいところだが、5コスと結構重い&スクロールを引けるかどうかわからないので意外と使うタイミングも難しかったりする。

 

 

f:id:yusei77:20171201031339p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有)

似姿で増やしたミニオンにも適用されるため、クエストメイジ等で使われるとOTK成功率が上がってきつい。

更にコスト、スタッツ共に優秀なためプリースト的には出されたくはない一枚。

ただ、パクりプリーストの場合パクったカードをそのままコスト軽減できる可能性もあるため、盗みたいカードでもあったりする。

 

 

f:id:yusei77:20171201031406p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有)

アップグレードを2回されると2コス版カバル教団の魔導書となる。

低コスエレメンタル(ファイアフライ等)で回されるとあっという間にアップグレードが進み、ハンドでかなり差がつくのも辛いところ。

パクった場合、アップグレードするのは難しいが追加カードはメイジの呪文限定なため、どのカードを奪っても面白い動きへ繋げられる可能性が生まれる。

 

 

f:id:yusei77:20171201031438p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有)

序盤で使っても終盤で使っても腐ることはあまりない優秀な秘策。

プリーストが採用するミニオンで6ダメージに耐えられるのは高コストのミニオンしかいないため使われると地味に厄介。

沈黙プリの場合でもドデカいレイザーリーフが体力2まで下げられてしまい、神授の霊力へと繋げにくくなるのも辛い。

回復カードが豊富なプリだと余剰ダメージはさほど気にならないと思うが、終盤のヒーローの体力次第では余剰ダメージがそのままリーサルになってしまうこともある。

そのため、終盤に相手から出された秘策は、ヒーローの体力と相談して爆発のルーンに山をはるか、鏡の住人に山をはるかの選択をしっかり決めてからミニオンを出していきたい。

パクった場合はメイジのミニオンで体力が高いのがそこまでいないため、単純にミニオン破壊用の罠として使えたり、終盤なら出てくるミニオン次第でアイスブロックを発動させずに余剰ダメージでトドメをさせることもあるため使い道は結構ある。

 

 

f:id:yusei77:20171201031508p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有)

回復ではない装甲を獲得というところがかなり強い。

1コスミニオンなため、これを出した後にフレイムストライクや炎の大地のポータルを使用されるだけでもしんどい。

生かしておくと装甲をどんどん積まれてヤバいことになるため、優先的に除去したい。

プリなら狂気ポーションで逆に利用した後、相手ミニオンに特攻するだけで解決することができるため、こいつを出されたら狂ポでパクってから呪文を使用して装甲を積もう。

 

 

f:id:yusei77:20171201031535p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(旨味はあまりない)

スタッツは凶ポ範囲内だが、プリーストは比較的低コス呪文が多いため、出された場合結構な確率で相手手札に呪文が追加されることになる。

同じ理由でこいつをパクっても低コス呪文が表示されてジョウスト勝負では負ける可能性が高い。

そのためいざ出されると中々厄介。新拡張で高コスト呪文をキーにしたカードもそれなりにあるため、それらと組み合わせられるとこちらがドラポを表示してもジョウスト勝負で負ける可能性がある。

魔法学者に比べると劣っているように見えるが、デッキ構築さえしっかりしていれば強いカード。

地味に獣なため、コンゴウインコ経由でレクサーくんが出してくることもある。

 

 

f:id:yusei77:20171205024330p:plain

相手が使ってきた場合…(ちょっとマズい)

パクったり、発見できた場合…(旨味はあまりない)

たとえ2~3コスの呪文が表示されてもそれなりに強いのではないかと思える1枚。

パイロブラストが表示された場合は圧巻の10点AOEと化す。

構築次第で意図的に5以上のダメージを安定して出せるのが強み。高コス呪文重視のメイジが流行った場合は脅威となる1枚。

パクった場合、プリーストデッキは低コスと高コスの呪文が入り混じりしてるパターンが多い。

そのため狙ったダメージを出せることはほとんどないので、除去用として使うのは中々厳しいところがある。

 

 

f:id:yusei77:20171206002755p:plain

相手が使ってきた場合…(ランダムなため変化したものによる)

パクったり、発見できた場合…(利用価値有。面白い)

変化した呪文次第では盤面がひっくり変える。

ただ、この手の呪文は大体次ターンの時に前ターンの呪文が良かったのにみたいな状況になることが多い。

パクった場合も同様だが火力系呪文に化けると相手の顔面へ圧力を掛けたりできるため、扱いは難しいが意外と役立つこともある一枚となりそう。